稲毛海浜公園プールの混雑や駐車場とテント、おむつ、浮き輪など持ち込み可能な物




「稲毛海浜公園プールの混雑状況と持ち込み可能な物を教えて欲しい!」

千葉市美浜区高浜に所在する公園「稲毛海浜公園」

稲毛海浜公園内にはプールレジャー施設を完備し、ウォータースライダーなどアトラクションも充実した人気のテーマパーク。

そんな人気の稲毛海浜公園プールへ遊びに行きたい方は
「どれくらい混雑するのか?」混雑状況は気になる情報かと思います。

このブログでは稲毛海浜公園プールの混雑状況が気になる方
稲毛海浜公園プールの混雑状況から混雑ピークと混雑回避方法に持ち込み可能な物をご紹介していきます!

稲毛海浜公園プールの「良い」「悪い」口コミ評判もまとめていきますので、事前情報として参考にお役立ていただけますと幸いです。



稲毛海浜公園プール 混雑状況

まず初めに稲毛海浜公園プールの混雑状況について調べていきます。

ウォータースライダーなど人気アトラクションも充実する「稲毛海浜公園プール」

そんな稲毛海浜公園プールでは
いつが混雑ピークで、混雑を回避するならいつ出かけるのがおすすめなのか。

稲毛海浜公園プールへ行く予定の方は混雑状況と混雑回避は事前に知りたい情報かと思います。

稲毛海浜公園プールの夏休み期間中の混雑や
平日、土日祝の混雑の違い、お盆休みなどの繁忙期シーズンではどれくらい混雑するのか?

ここでは、実際に来場しての感想と情報を元に
調べた結果の稲毛海浜公園プールの混雑ピークや混雑回避方法をご紹介していきます!

また、稲毛海浜公園プールの割引クーポン情報も知りたい方は以下ブログ記事をご覧ください。

稲毛海浜公園プールの混雑状況が気になる方は、ぜひ参考にしてみてください。



夏休みシーズン(7月、8月、9月)の混雑状況

まず夏休みシーズン(7月、8月、9月)の混雑状況についてです。

7月、8月、9月の夏休みシーズンの稲毛海浜公園プールは、
非常に多くの来場者で賑わいプールは混雑が見られます。

稲毛海浜公園プールの混雑する理由には
人気のウォーターアトラクションのスライダーや立地にも優れた点が挙げられます。

地元の方に親しまれるプールレジャー施設で
土日祝などの連休では県外からの来場者も見かけるほど繁盛しています。

次から夏休みの平日と土日祝の混雑の違いについて調べていきます。



夏休み期間中の平日の混雑状況

夏休み期間中の平日の混雑状況についてです。

平日の稲毛海浜公園プールは、
大きな混雑は見られず、ゆっくりプールを楽しむことができます。

人気のウォータースライダーなどのアトラクションも
待ち時間なくスムーズに滑ることができ、楽しむことができます。

稲毛海浜公園プールの来場者の多くは家族連れで
平日は仕事の関係で来場できない方が多く空いています。

平日休みの方は、平日に遊びに来ると穴場な人気プールレジャー施設を堪能することができます。

夏休み期間中の土日祝の混雑状況

夏休み期間中の土日祝の混雑状況についてです。

土日祝の稲毛海浜公園プールは、
平日とは比べ物にならないほど多くの人出で賑わい混雑します!

土日祝などの週末休みを使って来場する
会社員や家族連れの姿が目立って連日混雑します。

そのため、ウォータースライダーも
行列ができるほど待ち時間が長くなります。

土日祝であれば基本混雑していますので
混雑を避けたい方は、平日休みが取れないか検討するのも混雑回避の方法の一つです。

お盆休みシーズン(8月)の混雑状況

お盆休みシーズン(8月)の混雑状況についてです。

8月中旬にある「お盆休み」。稲毛海浜公園プールのお盆休みの混雑は、
営業開始1時間前から入場の行列でできるほど、夏休みの中で特に混雑する繁盛ぶりです!

お盆休みが混雑する理由には
会社員にとって夏休みにあたり長期休暇が取りやすいため。

この長期休暇を使って家族サービスを目的に
稲毛海浜公園プールへ連れてくる家族の姿が目立ち混雑します。

さらに、家族連れだけでなく社会人、
大学生など若い人の来場も重なって特に混雑が目立ちます。

お盆休みの8月中旬は毎年ひどい混雑が起きる時期です。
ひどい混雑を避けたい方は、8月中旬のお盆は避けるのが吉です。



テント場所取りの混み具合

テント場所取りの混み具合についてです。

稲毛海浜公園プールでは、テントの持ち込みが可能です。

テントを持ち込んで所定の場所でくつろぐ来場者を毎年多く見かけますが、テントの場所取りも争奪戦が繰り広げられます。

平日では大きなテント場所取りの混雑は見かけませんが、
土日祝やお盆休みなど繁忙期では、場所取り争奪戦が特に目立ちます。

場所には限りがあり、繁忙期は朝早い時間帯ですでに場所が埋まってしまいます。

そのため、テントを持ち込んでゆったり過ごしたい方は、なるべく早い時間に来場することをおすすめします。

駐車場の渋滞、混み具合

稲毛海浜公園プールまで車でアクセスしたい方も多いかと思いますが、
駐車場の渋滞や混雑状況も事前に知りたい情報です。

次に駐車場の渋滞、混み具合について見ていきます。

まず、稲毛海浜公園プールまで車でアクセスした場合に
駐車できる駐車場が完備され、収容台数は合計で約1,000台もの大規模駐車場が準備されています。

そんな稲毛海浜公園プールの駐車場の渋滞、混み具合を調べてみると

稲毛海浜公園は駐車場が第1、2の2か所完備されていますが、夏休みの土日祝やお盆時期は早々に満車になります。

稲毛海浜公園までアクセスする方が多く、園内が混雑すれば、その分台数も増えて駐車場も満車になりやすくなります。

車でアクセスしたい方は、平日以外はなるべく早く出かけなければ駐車待ちの待ち時間が長くなってしまいます。

しかし、事前に駐車場が予約できれば、どれだけスムーズか・・・と考えたことはありませんか?

実は!運転手にここで朗報です。
駐車場の満車や渋滞を気にせず、駐車場を「予約」できる方法があります。

駐車場の心配をなくして稲毛海浜公園プールを心から楽しみたい方は以下ご覧ください。

夏休み以外の混雑状況

夏休み以外の混雑状況についてです。

夏休み以外の混雑は、大きな混雑は見られず
GWなど人気テーマパークなどでは混雑する時期も稲毛海浜公園は混雑しません。

ゆっくり公園の自然と遊具等楽しむことができる地元の憩いの場として親しまれます。

稲毛海浜公園プール 混雑ピークと混雑回避方法

稲毛海浜公園プールの混雑状況について調べてきました。
結論、稲毛海浜公園プールの混雑ピークはいつで、混雑回避するならいつ出かけるのがおすすめなのでしょうか?

混雑が気になる方の最も知りたい情報かと思います。
稲毛海浜公園プールの「混雑ピーク」と「混雑回避方法」をご紹介していきます。



混雑ピーク

まず、稲毛海浜公園プールの様々な混雑状況を調べた結果、
混雑ピークは以下の通りになります。

稲毛海浜公園プールの混雑ピーク

・お盆休みシーズン
・夏休みの中でも土日祝

夏休みの中で特に混雑するのはお盆休み。
とにかく混雑しますので、混雑が苦手な方は真っ先に避けたい時期です。

そして、土日祝も連日混雑が見られます。
お盆休みと同じく連休になりやすい時期は混雑すると覚えておくと良いかと思います。

混雑回避方法

そして、混雑を回避するならいつが最も良いのか?調べた結果、

稲毛海浜公園プールの混雑回避方法

・平日に出かける
・夕方以降に出かける

基本平日は大きな混雑は見られません。
プールもウォータースライダーもゆっくり楽しむことができます。

ただ、お盆休みや土日祝にどうしても遊びに行きたい!でも混雑は回避したい!
という方は、出かける時間帯を夕方以降に到着できるように出かけると混雑ピークが避けられます。

稲毛海浜公園プールの混雑ピークは午前中。
朝から混雑ピークは続いて、昼過ぎから徐々にピークが収まって、夕方には帰る人も増えて混雑が緩和されます。

稲毛海浜公園プール 持ち込み可能な物

稲毛海浜公園プールの混雑状況が分かったところで、
次に稲毛海浜公園プールで持ち込み可能な物についてご紹介していきます。

思いっきり稲毛海浜公園プールを楽しみたい!
その前に、持ち込み可能な物を把握して、持ち物を準備したい方も多いかと思います。

まずは、稲毛海浜公園プール利用時の持ち込み禁止事項を確認しつつ
持ち込み可能な物、持ち込んでおいた方が便利な物をまとめていきます。

稲毛海浜公園プールへ遊びに行く時に何を持ち込んだら良いか分からない方、
稲毛海浜公園プールの持ち込み可能な物、持ち物の準備リストを事前に作りたい方は、参考にしてみてください。



持ち込み可or禁止の物

まず稲毛海浜公園プールの持ち込み可or禁止の物は以下の通りです。

稲毛海浜公園プールの持ち込み可or禁止の物


・テント持ち込み可(高さ160㎝以下、四方の足がシートで繋がっている物)
・浮き輪などフロート持ち込み可
・おむつの取れていない幼児は入水禁止。
・水遊び用おむつ、プール用おむつを着用しても入水禁止

テントは場所取り情報でもご紹介した通り、持ち込み可能になります。

さらに、浮き輪も持ち込み可能で忘れた場合は園内でレンタルもできます。

おむつの取れていない幼児がいる家族で最も気になる情報が子供の入水。
稲毛海浜公園プールでは、水遊び用おむつ、プール用おむつを着用しても入水禁止となっています。

気になる方は、稲毛海浜公園プールに問い合わせたのちに訪れることをおすすめします。
また、以上の持ち込み可能なもの以外で気になる持ち物があれば合わせて問い合わせてみて下さいね。

施設サービス

次に、すでに稲毛海浜公園プールの施設サービスとして準備されている物をご紹介していきます。

稲毛海浜公園プールの施設サービス

・更衣室
・売店
・コインロッカー
以下レンタル可
・テント
・ラッシュガード
・ゴムボート
・ビーチベット
・プライベートスペース

更衣室や売店、コインロッカーなどプールレジャー施設で見かけるサービスが整っています。

また、テントやラッシュガードのレンタルも行っていますので、忘れた方も安心ですね。

持ち物、準備リスト

稲毛海浜公園プールの持ち込み禁止と施設サービスを踏まえてプールの持ち物、準備リストをまとめていきます。

稲毛海浜公園プールプールの持ち物、準備リスト

■必須な持ち物
・水着
・お金

■任意な持ち物
・テント
・ラッシュガード
・フェイスタオル
・バスタオル
・浮き輪
・防水小物入れ
・ビニール袋
・バッグ

水着、お金は忘れずに持ち物リストに加えておきましょう。

必要であればテントやラッシュガードを持ち込むと良いでしょう。
稲毛海浜公園プールのすぐ目の前が東京湾が広がり、夏とは言え夕方以降になると冷える時もあります。

女性の方は特に寒さ対策と日焼け対策にラッシュガード着用をおすすめします。

そして、プールを思う存分楽しむ道具に浮き輪なども忘れずに。
バスタオルやフェイスタオルもあると安心です。



稲毛海浜公園プール 口コミ評判

稲毛海浜公園プールに混雑を回避できる日時に出かけたいけど
そもそも楽しい場所?出かけるだけの価値はある?事前に口コミ評判を見てみたい方も多いことと思います。

・【良い】口コミ評判
・【悪い】口コミ評判
・【どちらでもない】口コミ評判

ここでは実際に遊びに出かけて感じた上記の稲毛海浜公園プールの口コミ評判を集めていきます。

【良い】口コミ評判

楽しめるウォータースライダーの種類の豊富さと充実さから非常に評判よい口コミが多数見受けられます。

さらに、これだけのウォータースライダーを楽しめるのに料金も良心的で人気の理由がうかがえました。

【悪い】口コミ評判

稲毛海浜公園プールのある場所が遠いという口コミが多く見受けられます。

【どちらでもない】口コミ評判

楽しいけれどあまりの人の多さ、混雑に疲れる口コミも見受けられます。

まとめ

稲毛海浜公園プールの混雑や駐車場とテント、おむつ、浮き輪など持ち込み可能な物についてまとめてきました。

稲毛海浜公園内にプールレジャー施設を完備し、ウォータースライダーなどアトラクションも充実した人気のテーマパーク。

稲毛海浜公園プールの混雑回避と持ち込み可能な物についてご紹介していますので、

これから稲毛海浜公園プールへ行く予定の方は、混雑状況を参考に観光の計画にお役立ていただけますと幸いです。

また、稲毛海浜公園プールの割引クーポン情報も知りたい方は以下ブログ記事をご覧ください。

関連記事

稲毛海浜公園と同じ千葉のテーマパークで混雑情報を知りたい方は、以下ブログ記事も参考にしてください。