大磯ロングビーチの混雑やプール、ウォータースライダー、駐車場の混み具合




「大磯ロングビーチの混雑状況とプール、ウォータースライダー、駐車場の混み具合を教えて欲しい!」

神奈川県中郡大磯町の大磯プリンスホテルに併設された「大磯ロングビーチ」

大磯ロングビーチは、波のプールやウォータースライダーなど様々なプール施設を楽しめるレジャー施設。

そんな人気の大磯ロングビーチへ遊びに行きたい方は
「どれくらい混雑するのか?」混雑状況は気になる情報かと思います。

このブログでは大磯ロングビーチの混雑や渋滞状況が気になる方
大磯ロングビーチの混雑状況から混雑ピークと混雑回避方法をご紹介していきます!

大磯ロングビーチへ遊びに行かれる方は、事前情報として参考にお役立ていただけますと幸いです。



大磯ロングビーチ 混雑状況

大磯ロングビーチ

まず初めに大磯ロングビーチの混雑状況について調べていきます。

神奈川県中郡大磯町の大磯プリンスホテルに併設された「大磯ロングビーチ」

大人が楽しめるプールだけでなく、子供用のプールも準備された神奈川屈指のプールレジャー施設。

そんな大磯ロングビーチでは
いつが混雑ピークで、混雑を回避するならいつ出かけるのがおすすめなのか。

大磯ロングビーチへ行く予定の方は混雑状況と混雑回避は事前に知りたい情報かと思います。

大磯ロングビーチの平日や土日祝の混雑の違いや、
混雑が見込まれる繁忙期シーズンではどれくらい混雑するのか?

実際に行ってみての感想と情報をもとに調べた結果の
大磯ロングビーチの混雑ピークや混雑回避方法をご紹介していきます!

また、大磯ロングビーチの割引クーポン情報も知りたい方は以下ブログ記事をご覧ください。

大磯ロングビーチの混雑状況が気になる方は、ぜひ参考にしてみてください。



平日の混雑状況

まず、平日の混雑状況についてです。

平日の大磯ロングビーチは、
大きな混雑は見られずゆっくりプールを楽しむことができます。

大磯ロングビーチは神奈川屈指のレジャー施設で
非常に大きなプールと数が自慢です。

そのため、平日ほどの来場者数であれば
それほど大きな混雑にはならずに空いたスペースでゆっくり泳ぐことができます。



土日祝の混雑状況

次に、土日祝の混雑状況についてです。

土日祝の大磯ロングビーチは、
平日以上に混雑が見られます!

土日祝に混雑する理由には
週末休みを利用してプールのあるレジャー施設へ観光に訪れる会社員や

併設された大磯プリンスホテルに宿泊目的で訪れて
大磯ロングビーチを楽しむ家族連れの姿が目立って混雑します。

目的は違えど週末休みを利用した観光で混雑が発生します。

次から夏休みやお盆休みなど各シーズンごとの混雑状況を調べてご紹介していきます!

夏休みシーズン(7月、8月、9月)の混雑状況

夏休みシーズン(7月、8月、9月)の混雑状況についてです。

7月、8月、9月の夏休みシーズンの大磯ロングビーチは、
夏休みに入ってからが特に来場者が増えて混雑します!

通常の土日祝よりも夏休みの土日祝の方が混雑し
さらに夏休みも終わりに近づくにつれて混雑も起きやすくなります。

つまり、8月下旬が特に混雑が見られますが
混雑する層のほとんどは子供を連れた家族連れ。

夏休みを利用して子供を連れて
大磯ロングビーチへ訪れて楽しむ家族で賑わい混雑します。



お盆休みシーズン(8月)の混雑状況

お盆休みシーズン(8月)の混雑状況についてです。

8月のお盆休みシーズンの大磯ロングビーチは、
夏休み同様に多くの人出で賑わい混雑します。

ただ、7月、8月、9月の夏休みシーズンとの違いは
お盆休みは会社員にとって連休が取りやすい時期です。

つまり、会社員の友人同士や同僚、
カップルなどの来場が目立って混雑します。

イベント開催時の混雑状況

イベント開催時の混雑状況についてです。

大磯ロングビーチでは、アイドルの撮影会や
車の展示会、ライブイベントなど多彩に企画され開催されています。

それらのイベントの多くは、大磯ロングビーチの
プールが営業開始する前に開かれることが多く、

営業は7月からですが、アイドルの撮影会は
6月などの閑散期に行われるなど隙間時間を使ったイベントが多く見受けられます。

もちろんそれらのイベントを目当てに全国から
集まったファン、参加者で賑わい毎回混雑します。

大磯ロングビーチ プール、ウォータースライダーの混み具合

大磯ロングビーチの各シーズンごとの混雑状況が分かったところで、
次に大磯ロングビーチのプール、ウォータースライダーの混み具合について調べていきたいと思います。

大磯ロングビーチには実に
・波のプール
・競泳プール
・ダイビングプール
・噴水こどもプール
・流れるプール
・キッズウォーターパラダイス
・ウォータースライダー
・ジャグジー
・こどもプール
・シンクロ&競泳プール

10種類ものプール、ウォータースライダーが完備、充実しています!
これらプールを目当てに夏になれば全国から多くのファン、来場者が集まり賑わって混雑します。

大磯ロングビーチのプール、ウォータースライダーの混み具合を調べてみると

非常に多くの人出でプールは賑わい混雑が見られます。

ただ、ウォータースライダーには行列など見られず
待ち時間もゼロですぐに、何度も楽しむことができます。

他人気テーマパークのプールレジャー施設では
待ち時間が1時間以上並ぶケースもあり、とても穴場なプールになるかと思います。

大磯ロングビーチは、夏になればプールは外せない!
ウォータースライダーが好きで何度も滑りたい!という方にとてもおすすめなレジャー施設です。



大磯ロングビーチ 駐車場の渋滞、混み具合

大磯ロングビーチまで車でアクセスする方も多いかと思いますが、
駐車場の駐車待ちの渋滞や混雑も気になる情報です。

次に大磯ロングビーチの駐車場の渋滞、混み具合について調べていきたいと思います。

まず、大磯ロングビーチまで車でアクセスした場合に
駐車できる駐車場が完備され、収容台数は約2,000台もの大規模駐車場が準備されています。

そんな大磯ロングビーチの駐車場の渋滞、混み具合を調べてみると

夏休みに入れば多くの人出で混雑し
その多くは車でアクセスする方が多いため駐車場も満車状態に。

最終的にはテニスコートも駐車場として開放し、車でアクセスする来場者を迎え入れます。

場合によっては駐車場が全く停められず
駐車待ちの列で渋滞し道路まで車の列が続く場合もあります。

しかし!運転手にここで朗報です。
駐車場の満車や渋滞を気にせず、駐車場を「予約」できる方法があります。

駐車場の心配をなくして大磯ロングビーチを心から楽しみたい方は以下ご覧ください。

大磯ロングビーチ 混雑ピークと混雑回避方法

大磯ロングビーチの混雑状況について調べてきました。
結論、大磯ロングビーチの混雑ピークはいつで、混雑回避するならいつ出かけるのがおすすめなのでしょうか?

混雑が気になる方の最も知りたい情報かと思います。
大磯ロングビーチの「混雑ピーク」と「混雑回避方法」をご紹介していきます。



混雑ピーク

まず、大磯ロングビーチの様々な混雑状況を調べた結果、
混雑ピークは以下の通りになります。

大磯ロングビーチの混雑ピーク

・夏休みシーズン
・お盆休みシーズン

7月、8月、9月の3ヵ月が大磯ロングビーチの営業時間。
その中でも特に夏休みに入る時期から混雑がひどくなります。

そして、8月中旬のお盆休みは会社員の
連休が取りやすい時期に入るため、全国から連休を使って来場する観光客で賑わい混雑します。

混雑回避方法

そして、混雑を回避するならいつが最も良いのか?調べた結果、

大磯ロングビーチの混雑回避方法

・平日は空いている
・9月も空いていてねらい目

まず、平日は基本空いていて混雑は見られません。

さらに、夏休みシーズンが混雑し8月下旬の駆け込み需要で混雑がピークに入ります。

そして、ピークアウトする9月は混雑も過ぎ去り混雑回避にとてもおすすめの時期と言えます。

大磯ロングビーチ 口コミ評判

大磯ロングビーチに混雑を回避できる日時に出かけたいけど
そもそも楽しい場所?出かけるだけの価値はある?事前に口コミ評判は仕入れたい方も多いことと思います。

ここでは実際に遊びに出かけて感じた大磯ロングビーチの口コミ評判を集めていきます。



【良い】口コミ評判

【悪い】口コミ評判

【どちらでもない】口コミ評判

まとめ

大磯ロングビーチの混雑やプール、ウォータースライダー、駐車場の混み具合についてまとめてきました。

10種類のプールが完備されたレジャー施設「大磯ロングビーチ」

大磯ロングビーチは、神奈川県中郡大磯町の大磯プリンスホテルに併設された神奈川屈指のプールレジャー施設。

大磯ロングビーチの混雑ピークと混雑を回避するタイミングや時間帯をご紹介していますので、

これから大磯ロングビーチへ行く予定の方は、混雑状況を参考に観光の計画にお役立ていただけますと幸いです。

また、大磯ロングビーチの割引クーポン情報も知りたい方は以下ブログ記事をご覧ください。

関連記事

大磯ロングビーチと同じ神奈川のテーマパークで混雑情報を知りたい方は、以下ブログ記事も参考にしてください。