鶴見緑地プールの混雑(お盆&夏休み)や持ち込み可能な物と駐車場、口コミ情報




「鶴見緑地プールの混雑状況と持ち込み可能な物を教えて欲しい!」

大阪府大阪市鶴見区の緑地公園に所在するプール「鶴見緑地プール」

公営プールでありながら、流水プールやウォータースライダーなどアトラクションも完備した人気のプールレジャー施設になります。

そんな人気の鶴見緑地プールへ遊びに行きたい方は
「どれくらい混雑するのか?」混雑状況は気になる情報かと思います。

このブログでは鶴見緑地プールの混雑状況が気になる方
鶴見緑地プールの混雑状況から混雑ピークと混雑回避方法に持ち込み可能な物をご紹介していきます!

鶴見緑地プールの「良い」「悪い」口コミ評判もまとめていきますので、事前情報として参考にお役立ていただけますと幸いです。



鶴見緑地プール 混雑状況

まず初めに鶴見緑地プールの混雑状況について調べていきます。

流水プールやウォータースライダーなど人気のアトラクションも完備したプールレジャー施設「鶴見緑地プール」

そんな鶴見緑地プールでは
いつが混雑ピークで、混雑を回避するならいつ出かけるのがおすすめなのか。

鶴見緑地プールへ行く予定の方は混雑状況と混雑回避は事前に知りたい情報かと思います。

鶴見緑地プールの夏休み期間中の混雑や
平日、土日祝の混雑の違い、お盆休みなどの繁忙期シーズンではどれくらい混雑するのか?

ここでは、実際に来場しての感想と情報を元に
調べた結果の鶴見緑地プールの混雑ピークや混雑回避方法をご紹介していきます!

また、鶴見緑地プールの割引クーポン情報も知りたい方は以下ブログ記事をご覧ください。

鶴見緑地プールの混雑状況が気になる方は、ぜひ参考にしてみてください。



夏休みシーズン(7月、8月、9月)の混雑状況

まず夏休みシーズン(7月、8月、9月)の混雑状況についてです。

7月、8月、9月の夏休みシーズンの鶴見緑地プールは、
入場時に列ができるほど多くの家族連れで賑わい混雑が見られます。

鶴見緑地プールの来場者の多くは家族連れ。
子供から夏休みに入ると子供を連れた家族の姿が目立ち混雑します。

夏休みシーズンが特に1年の中でも混雑が見られる時期にあたります。

次から夏休みの平日と土日祝の混雑の違いについて調べていきます。



夏休み期間中の平日の混雑状況

夏休み期間中の平日の混雑状況についてです。

平日の鶴見緑地プールは、
ほとんど来場者の姿もなく混雑もおきません。

平日であれば、午前中でも混雑はなく
夕方以降はより一層人の姿もなくゆっくりプールを楽しむことができます。

夏休み期間中の土日祝の混雑状況

夏休み期間中の土日祝の混雑状況についてです。

土日祝の鶴見緑地プールは、
平日とは変わって多くの来場者で賑わい混雑します。

土日祝の方が休みになる方が多く
会社員の親であれば週末休みを利用して家族で出かける方が多いようです。

夏休み期間中の土日祝であればいつでも混雑してます。
その中でも夏休み終了間際の8月最終週が特に混雑しますので注意が必要です。

お盆休みシーズン(8月)の混雑状況

お盆休みシーズン(8月)の混雑状況についてです。

8月中旬にある「お盆休み」。鶴見緑地プールのお盆休みの混雑は、
夏休みの中で特に来場者の姿が目立ち、特に混雑します!

お盆休みは会社員にとって連休が取りやすい時期。つまり、大人の夏休み。

このお盆休みを利用して普段出かけれない場所へ
遠出したり、観光に出かけたりする家族が急増します。

その一部が鶴見緑地プールに訪れ混雑が起きやすくなります。



イベント開催時の混雑状況

イベント開催時の混雑状況についてです。

鶴見緑地プールでは過去に夏休み期間中に限って
夕方以降の料金を半額にしたキャンペーンや

夏休み限定のガラポン抽選会などイベントも開催されます。

半額キャンペーンは集客にもつながり
イベントを目当てに訪れる若い世代の来場が目立ちます。

同様のキャンペーンが実施された際には
混雑も起きることが想定されますので、出かける予定の方はご注意ください。

駐車場の渋滞、混み具合

鶴見緑地プールまで車でアクセスしたい方も多いかと思いますが、
駐車場の渋滞や混雑状況も事前に知りたい情報です。

次に駐車場の渋滞、混み具合について見ていきます。

まず、鶴見緑地プールまで車でアクセスした場合に
駐車できる駐車場が完備され、収容台数は約2,100台もの大規模駐車場が準備されています。

そんな鶴見緑地プールの駐車場の渋滞、混み具合を調べてみると

収容台数も多いことから繁忙期の夏休みシーズン、
お盆の時期でも早々に駐車場が満車、渋滞が起きることはなさそうです。

ただ、もし事前に駐車場が予約できれば、
満車のリスクはなくなり、どれだけスムーズか・・・と考えたことはありませんか?

実は!運転手にここで朗報です。
駐車場の満車や渋滞を気にせず、駐車場を「予約」できる方法があります。

駐車場の心配をなくして鶴見緑地プールを心から楽しみたい方は以下ご覧ください。

夏休み以外の混雑状況

夏休み以外の混雑状況についてです。

屋内プールであれば年中楽しむことができる鶴見緑地プール。

しかし、夏休み以外の鶴見緑地プールの混雑は、
GWなどの繁忙期、行楽シーズンでもほとんど混雑は見られません。

一方、GWなどでは人気のネモフィラが一面咲き誇り
別のスポット、名物を求めて来場者が鶴見緑地へと訪れます。

夏休み以外プールは混雑しませんが、
それ以外の見どころが混雑しますのでご注意ください。



鶴見緑地プール 混雑ピークと混雑回避方法

鶴見緑地プールの混雑状況について調べてきました。
結論、鶴見緑地プールの混雑ピークはいつで、混雑回避するならいつ出かけるのがおすすめなのでしょうか?

混雑が気になる方の最も知りたい情報かと思います。
鶴見緑地プールの「混雑ピーク」と「混雑回避方法」をご紹介していきます。



混雑ピーク

まず、鶴見緑地プールの様々な混雑状況を調べた結果、
混雑ピークは以下の通りになります。

鶴見緑地プールの混雑ピーク

・お盆休みシーズン
・夏休みの中でも土日祝

連休が取りやすくなるお盆休みは特に混雑します。

そして、夏休み期間中の土日祝も混雑が見られるため、お出かけの際にはご注意ください。

混雑回避方法

そして、混雑を回避するならいつが最も良いのか?調べた結果、

鶴見緑地プールの混雑回避方法

・平日に出かける
・夏休み以外の時期に出かける
・夏休みの場合は夕方までに楽しむ

基本平日であればいつでも空いています。

そして、夏休み以外の時期、GWでもプールは空いています。ゆっくり楽しめます。

ただ、夏休みシーズンのお盆や土日祝など連休になりやすい時期がとにかく混雑しますので

この時期に遊びに行きたい方は夕方までに楽しむ(退出する)のが混雑回避でおすすめです。

それは、先にもご紹介した通り、夕方以降にキャンペーンが実施されたり、夕方以降の来場が著しく増えるためです。

時間帯で見たら午前中より夕方以降のつまりナイトプールを楽しむ層が増えて混雑ピークに入ることから、夕方までに楽しむのが混雑回避につながります。

鶴見緑地プール 持ち込み可能な物

鶴見緑地プールの混雑状況が分かったところで、
次に鶴見緑地プールで持ち込み可能な物についてご紹介していきます。

思いっきり鶴見緑地プールを楽しみたい!
その前に、持ち込み可能な物を把握して、持ち物を準備したい方も多いかと思います。

まずは、鶴見緑地プール利用時の持ち込み禁止事項を確認しつつ
持ち込み可能な物、持ち込んでおいた方が便利な物をまとめていきます。

鶴見緑地プールへ遊びに行く時に何を持ち込んだら良いか分からない方、
鶴見緑地プールの持ち込み可能な物、持ち物の準備リストを事前に作りたい方は、参考にしてみてください。



持ち込み禁止、その他禁止事項

まず鶴見緑地プールの持ち込み禁止、その他禁止事項は以下の通りです。

鶴見緑地プールの持ち込み禁止、その他禁止事項

・水着以外での入場はできません。
・小学4年生以下は16歳以上の保護者が同伴でないと入場できません。
・100㎝を超える浮具(浮き輪やビーチボール、アームヘルパー、ビート板など)の使用はできません。
・飲酒及びお酒の持ち込みはできません。
・ウォータースライダーは、身長120cm未満の方(当施設の身長計で規定ラインに達しない方)のご利用はできません。
・テント等のキャンプ用品・傘の持ち込みはできません。
・水遊びパンツ着用のみのプールへの入水はできません。必ず、水遊びパンツの上から水着の着用をお願いします。
・日焼け止めクリーム・サンオイル類の使用は禁止

当然ですが、水着以外での入場はできず、幼児が履く水遊びパンツも着用のみでなく、パンツの上から水着着用が必要になります。

また、テントなどのキャンプ用品、お酒の持ち込みも禁止。
飲酒以外の飲食物の持ち込みは可能となっています。お弁当やペットボトル飲料が持ち込めるのは嬉しいですね。

浮き輪などの浮具についても100㎝以下の大きさが持ち込み可能となっています。

施設サービス

次に、すでに鶴見緑地プールの施設サービスとして準備されている物をご紹介していきます。

鶴見緑地プールの施設サービス

・更衣室
・シャワー室
・ロッカー

他のプールレジャー施設でもある基本的な設備が揃っています。

持ち物、準備リスト

鶴見緑地プールの持ち込み禁止と施設サービスを踏まえてプールの持ち物、準備リストをまとめていきます。

鶴見緑地プールプールの持ち物、準備リスト


■必須な持ち物
・水着
・水遊び用おむつ(幼児がいる場合)
・お金

■任意な持ち物
・ラッシュガード
・フェイスタオル
・バスタオル
・浮き輪(100㎝以下の大きさ)
・防水小物入れ
・ビニール袋
・バッグ

鶴見緑地プール 口コミ評判

鶴見緑地プールに混雑を回避できる日時に出かけたいけど
そもそも楽しい場所?出かけるだけの価値はある?事前に口コミ評判を見てみたい方も多いことと思います。

・【良い】口コミ評判
・【悪い】口コミ評判
・【どちらでもない】口コミ評判

ここでは実際に遊びに出かけて感じた上記の鶴見緑地プールの口コミ評判を集めていきます。

【良い】口コミ評判

【悪い】口コミ評判

【どちらでもない】口コミ評判

まとめ

鶴見緑地プールの混雑(お盆&夏休み)や持ち込み可能な物と駐車場、口コミ情報についてまとめてきました。

大阪府大阪市鶴見区の緑地公園に所在するプール「鶴見緑地プール」

鶴見緑地プールの混雑回避と持ち込み可能な物についてご紹介していますので、

これから鶴見緑地プールへ行く予定の方は、混雑状況を参考に観光の計画にお役立ていただけますと幸いです。

また、鶴見緑地プールの割引クーポン情報も知りたい方は以下ブログ記事をご覧ください。

関連記事

鶴見緑地と同じ大阪の人気テーマパークで混雑情報を知りたい方は、以下ブログ記事も参考にしてください。