ひらかたパークのプールの混雑(お盆&夏休み)や持ち込み可能な持ち物と口コミ




「ひらかたパークのプールの混雑状況と持ち込み可能な持ち物を教えて欲しい!」

大阪屈指の人気テーマパーク「ひらかたパーク」
ひらかたパーク内に完備された人気のプールレジャー施設が“ザ・ブーン”

様々なスライダーに加えて、子供も楽しめるプールも完備し、子供から大人まで人気の大阪屈指のプールレジャー施設になります。

そんな人気のひらかたパークのプールへ遊びに行きたい方は
「どれくらい混雑するのか?」混雑状況は気になる情報かと思います。

このブログではひらかたパークのプールの混雑状況が気になる方
ひらかたパークのプールの混雑状況から混雑ピークと混雑回避方法に持ち込み可能な持ち物をご紹介していきます!

ひらかたパークのプールの「良い」「悪い」口コミ評判もまとめていきますので、事前情報として参考にお役立ていただけますと幸いです。



ひらかたパークのプール 混雑状況

まず初めにひらかたパークのプールの混雑状況について調べていきます。

ひらかたパーク内に完備された人気のプールレジャー施設が“ザ・ブーン”

ひらかたパークのプールは、夏になれば非常に多くの来場者が訪れる大阪屈指の人気プールの一つになります。

そんなひらかたパークのプールでは
いつが混雑ピークで、混雑を回避するならいつ出かけるのがおすすめなのか。

ひらかたパークのプールへ行く予定の方は混雑状況と混雑回避は事前に知りたい情報かと思います。

ひらかたパークのプールの夏休み期間中の混雑や
平日、土日祝の混雑の違い、お盆休みなどの繁忙期シーズンではどれくらい混雑するのか?

ここでは、実際に来場しての感想と情報を元に
調べた結果のひらかたパークのプールの混雑ピークや混雑回避方法をご紹介していきます!

また、ひらかたパークのプールの割引クーポン情報も知りたい方は以下ブログ記事をご覧ください。

ひらかたパークのプールの混雑状況が気になる方は、ぜひ参考にしてみてください。



夏休みシーズン(7月、8月、9月)の混雑状況

まず夏休みシーズン(7月、8月、9月)の混雑状況についてです。

7月、8月、9月の夏休みシーズンのひらかたパークのプールは、
非常に多くの来場者で賑わい混雑が見られます。

ひらかたパークのプールの場合、家族連れだけでなく
若者の来場も目立ち、大学生や友人同士の来場で大いに混雑します。

人気のアトラクション、遊園地でも遊びつつ
立地にも優れたテーマパークで若者も集まるプールであることがうかがえます。

次から夏休みの平日と土日祝の混雑の違いについて調べていきます。



夏休み期間中の平日の混雑状況

夏休み期間中の平日の混雑状況についてです。

平日のひらかたパークのプールは、
大きな混雑は見られず、ゆっくりプールを楽しむことができます。

人気のウォータースライダーも行列による
待ち時間もなくスムーズに楽しめます。

平日だと会社員が基本土日祝のみの休みになるため
混雑が起きず、混雑が苦手な方は、なるべく平日に出かけることをおすすめします。

夏休み期間中の土日祝の混雑状況

夏休み期間中の土日祝の混雑状況についてです。

土日祝のひらかたパークのプールは、
平日と打って変わって多くの人出で賑わいプールも大混雑!

土日祝の週末休みを使って、会社員や
家族で来場する姿が目立ち、ウォータースライダーでも行列が見られます。

土日祝は基本連日いつでも混雑しています。
特に夏休みの最終週の土日祝が混雑しており、

夏休み最後の駆け込みで夏の思い出を作るべく多くの人出で混雑します。

お盆休みシーズン(8月)の混雑状況

お盆休みシーズン(8月)の混雑状況についてです。

8月中旬にある「お盆休み」。ひらかたパークのプールのお盆休みの混雑は、
非常に多くの来場者、人出が発生し夏休みの中でも特に混雑がおきます!

お盆が混雑する理由には、
会社員にとって連休が取りやすいことがあげられます。

普段の土日祝とは別に会社員や社会人にとっての夏休みがこのお盆にあたります。

8月中旬がその時期にあたり、多くの社会人が
連休に入って、GW並みの長期休暇を使って観光名所や施設へと出かけていきます。

そのうちの一つにひらかたパークのプールも挙げられ
多くの社会人や会社員の来場が目立って混雑が起きやすくなります。



イベント開催時の混雑状況

イベント開催時の混雑状況についてです。

ひらかたパークでは夏休み期間中にも
フードフェスや人気アニメキャラクターとのコラボイベントなど

子供から大人まで楽しめる企画が多く開催されます。

そのため、イベントが開催されるたびに
ファンやイベント目当てに来場で賑わい混雑も起きます。

駐車場の渋滞、混み具合

ひらかたパークのプールまで車でアクセスしたい方も多いかと思いますが、
駐車場の渋滞や混雑状況も事前に知りたい情報です。

次に駐車場の渋滞、混み具合について見ていきます。

まず、ひらかたパークのプールまで車でアクセスした場合に
駐車できる駐車場が完備され、収容台数は約1,400台の駐車場が準備されています。

そんなひらかたパークのプールの駐車場の渋滞、混み具合を調べてみると

プールが営業されている夏休みは
1年の中でも特に混雑する時期で、駐車場も午前中ですでに満車となっています。

平日であれば満車にならない日もありますが、
土日祝やお盆休みであればほぼ満車、駐車待ちで車の渋滞も発生し、待ち時間が長くなります。

園内が混雑する時期は駐車場も早々に満車となりますので
電車などの公共交通機関を利用したアクセスも選択肢の一つに入れておいた方がよさそうです。

しかし、それでも車でアクセスしたいと考える方は
事前に駐車場が予約できれば、どれだけスムーズか・・・と考えたことはありませんか?

実は!運転手にここで朗報です。
駐車場の満車や渋滞を気にせず、駐車場を「予約」できる方法があります。

駐車場の心配をなくしてひらかたパークのプールを心から楽しみたい方は以下ご覧ください。

夏休み以外の混雑状況

夏休み以外の混雑状況についてです。

夏休み以外の混雑は、GWやクリスマスなど
イベント時期、繁忙期に大いに混雑しています。

大阪屈指の人気テーマパークですので
プールが営業終了の時でもアトラクションや遊園地が繁盛し多くの人出で賑わいます。

これら、プール以外のひらかたパークの混雑状況も知りたい方は、以下ブログ記事も参考にしてみてください。

ひらかたパークのプール 混雑ピークと混雑回避方法

ひらかたパークのプールの混雑状況について調べてきました。
結論、ひらかたパークのプールの混雑ピークはいつで、混雑回避するならいつ出かけるのがおすすめなのでしょうか?

混雑が気になる方の最も知りたい情報かと思います。
ひらかたパークのプールの「混雑ピーク」と「混雑回避方法」をご紹介していきます。



混雑ピーク

まず、ひらかたパークのプールの様々な混雑状況を調べた結果、
混雑ピークは以下の通りになります。

ひらかたパークのプールの混雑ピーク

・お盆休みシーズン
・夏休みの中でも土日祝

プール営業期間中の夏休みの中でも特にお盆休みが混雑します。

次に、普段の土日祝も基本いつでも多くの人出で賑わい混雑します。

混雑回避方法

そして、混雑を回避するならいつが最も良いのか?調べた結果、

ひらかたパークのプールの混雑回避方法

・平日に出かける
・夏休みの開始前に出かける
・夕方以降が比較的空いている

まず、平日は基本空いていますので混雑回避におすすめです。

そして、夏休み期間中のお盆と土日祝がとにかく混雑しますので、
夏休みに入る前の7月上旬や9月に入ってから遊びに行くのも混雑回避におすすめです。

さらに、時間帯で見たら午前中からすでに大混雑。
混雑は昼過ぎまで続き徐々に混雑ピークは収まっていきますので、夕方以降に出かけると午前中ほどの混雑には遭遇しません。

ひらかたパークのプール 持ち込み可能な持ち物

ひらかたパークのプールの混雑状況が分かったところで、
次にひらかたパークのプールで持ち込み可能な持ち物についてご紹介していきます。

思いっきりひらかたパークのプールを楽しみたい!
その前に、持ち込み可能な持ち物を把握して、持ち物を準備したい方も多いかと思います。

まずは、ひらかたパークのプール利用時の持ち込み禁止事項を確認しつつ
持ち込み可能な持ち物、持ち込んでおいた方が便利な物をまとめていきます。

ひらかたパークのプールへ遊びに行く時に何を持ち込んだら良いか分からない方、
ひらかたパークのプールの持ち込み可能な持ち物、準備リストを事前に作りたい方は、参考にしてみてください。



持ち込み禁止、その他禁止事項

まずひらかたパークのプールの持ち込み禁止、その他禁止事項は以下の通りです。

ひらかたパークのプールの持ち込み禁止、その他禁止事項

・テント、パラソルの持ち込み禁止
・ベビーカー、荷物運搬用キャリーの持ち込み禁止
・ペットを連れての入場禁止
・危険物、薬物、ガラス製品、ビン類の持ち込み禁止
・シュノーケル、足ヒレ、オール、ゴムボートなどの持ち込み禁止
・大型フロート(130cm)の使用禁止※混雑時
・オムツでの遊泳禁止※水遊びパンツの上に水着着用
・プールサイドで革靴・スニーカー・ピンヒールタイプの履物禁止
・油性のサンオイルや日焼け止めクリームなど使用して遊泳禁止※水質保持のため
・プールエリアでのピアス使用禁止
・スライダーを利用時はメガネ、アクセサリー、履物、手荷物等全て外す
・混雑時の場所取りは必要最小限
・喫煙所、階段、流水プール内陸での場所取りやサンダル等の荷物放置は禁止※安全通路上
・水中および水際での飲食禁止

テント、パラソルの持ち込み禁止、場所取りも混雑時は必要最低限におさえる必要があります。

また、おむつの取れない幼児をお連れの方は、水遊び用パンツの上から水着着用でないと入水できません。(水着用パンツだけでは入水不可)

水際での飲食も禁止になっていますが、プール施設内には売店もあり、食べ物が購入できますので、所定の場所で食べるようにしてください。

そして、浮き輪の使用、スライダー利用時の規則など細かく決められていますので、しっかり守って楽しいプールライフを送りましょう。

施設サービス

次に、すでにひらかたパークのプールの施設サービスとして準備されている物をご紹介していきます。

ひらかたパークのプールの施設サービス

・更衣室
・温水シャワー
・ドライヤー
・脱水機
・ベビールーム
・休憩エリア

■売店では以下商品を販売
・浮き輪
・ビーチボール
・ゴーグル
・水着
・水泳パンツ
・ラッシュガード

更衣室や温水シャワーなど通常のプールレジャー施設で見かける施設が充実しています。

また、万が一忘れた時も売店で水着などその他必需品が販売していますので安心ですね。

持ち物、準備リスト

ひらかたパークのプールの持ち込み禁止と施設サービスを踏まえてプールの持ち物、準備リストをまとめていきます。

ひらかたパークのプールプールの持ち物、準備リスト

■必須な持ち物
・水着
・水遊び用おむつ(幼児がいる場合)
・お金

■任意な持ち物
・ラッシュガード
・フェイスタオル
・バスタオル
・浮き輪(130㎝以下の大きさ)
・防水小物入れ
・ビニール袋
・バッグ

おむつの取れない幼児がいる場合は、必ず水遊び用おむつと水着は持ち込むようにしてください。

さらに、水着も必須ではありますが、忘れた場合は売店で販売されていますので、購入するのも一つの方法です。

ラッシュガードは夏とは言え、屋外にいれば冷えますので寒さ対策や日焼け対策におすすめです。

浮き輪などフロートを使って遊びたい方は、130㎝以下の小さな浮き輪を持ち込むようにしてください。

ひらかたパークのプール 口コミ評判

ひらかたパークのプールに混雑を回避できる日時に出かけたいけど
そもそも楽しい場所?出かけるだけの価値はある?事前に口コミ評判を見てみたい方も多いことと思います。

・【良い】口コミ評判
・【悪い】口コミ評判
・【どちらでもない】口コミ評判

ここでは実際に遊びに出かけて感じた上記のひらかたパークのプールの口コミ評判を集めていきます。



【良い】口コミ評判

【悪い】口コミ評判

【どちらでもない】口コミ評判

まとめ

ひらかたパークのプールの混雑(お盆&夏休み)や持ち込み可能な持ち物と口コミについてまとめてきました。

ひらかたパーク内に完備された人気のプールレジャー施設が“ザ・ブーン”

様々なスライダーに加えて、子供も楽しめるプールも完備し、子供から大人まで人気の大阪屈指のプールレジャー施設になります。

ひらかたパークのプールの混雑回避と持ち込み可能な持ち物についてご紹介していますので、

これからひらかたパークのプールへ行く予定の方は、混雑状況を参考に観光の計画にお役立ていただけますと幸いです。

また、ひらかたパークのプールの割引クーポン情報も知りたい方は以下ブログ記事をご覧ください。

関連記事

ひらかたパークプールと同じ大阪の人気テーマパークで混雑情報を知りたい方は、以下ブログ記事も参考にしてください。