上野動物園の混雑状況やパンダの待ち時間、所要時間と入場者数情報




「上野動物園の混雑やパンダの待ち時間はどれ位?」

東京の上野恩賜公園内にある「上野動物園」
入園者数が日本一を記録した人気の動物園です。

非常に人気の動物園「上野動物園」へ遊びに行きたい方は、
どれくらい混雑するのか?パンダの待ち時間などは気になる情報かと思います。

このブログでは、上野動物園の混雑状況が気になる方
上野動物園の混雑状況から混雑ピークと混雑回避方法をご紹介していきます!

上野動物園へ遊びに行かれる方は、事前情報として参考にお役立ていただけますと幸いです。



上野動物園 混雑状況

まず初めに上野動物園の混雑状況について調べていきます。

日本一の入園者数を記録した「上野動物園」

動物の頭数も実に3,000頭以上飼育され、
種類で見ても500種類以上とその規模は数字でみても大きなものがあります。

上野動物園はいつが混雑ピークで、混雑を回避するならいつがおすすめなのか。
上野動物園へ行く予定の方は事前に知りたい混雑情報かと思います。

上野動物園の平日や土日祝の混雑の違いや、
混雑が見込まれるシーズンではどれくらい混雑するのか?

実際に行ってみての感想と情報をもとに調べた結果の
上野動物園の混雑ピークや混雑回避方法をご紹介していきます!

上野動物園の混雑状況が気になる方は、ぜひ参考にしてみてください。



入場者数、来場者数情報

初めに入場者数、来場者数情報についてです。

入場者数を調べることで動物園やテーマパークの
混雑を測るバロメーターとしての役割も持ち、

混雑を知る重要な指標になりますが、
上野動物園の入場者数は、過去に約350万人の数字が記録されています。

入場者数の数字からも人気の動物園であることがうかがえます。
それでは、実際の混雑はどれくらいなのか。

次から上野動物園の混雑状況についてみていきたいと思います!



平日の混雑状況

まず、平日の混雑状況についてです。

平日の上野動物園は、
タイミングによりますが平日でもひどい混雑が見られます。

開園前から入場には長蛇の列も発生し、
開園を待つ入場者が多く集まっています。

平日でもひどい混雑は発生しますのでご注意ください。



土日祝の混雑状況

次に、土日祝の混雑状況についてです。

土日祝の上野動物園は、
基本いつ行っても混雑が見られます。

昔も今も非常に人気が衰えない上野動物園。
入場者を常に楽しませる動物の数や企画の面白さ、

そして、パンダの一般公開などが入場者数を伸ばします。
混雑も必須で起きますので、行かれる方はご注意ください。

ゴールデンウイークシーズン(4月、5月)の混雑状況

ゴールデンウイークシーズン(4月、5月)の混雑状況についてです。

4月、5月のGWシーズンの上野動物園は、
とにかく混雑しています!GWの平日でも混雑しています。

GWは連日混雑が発生しますので、
いつ行っても混雑が見られますが、

混雑ピークは朝から昼過ぎ、夕方で
夜の時間帯は若干混雑緩和が見られます。

夏休みシーズン(7月、8月)の混雑状況

夏休みシーズン(7月、8月)の混雑状況についてです。

7月、8月の夏休みシーズンの上野動物園は、
子供、学生の長期休暇に入り、特に子供の入場が目立ち混雑します。

また、家族連れの入場も目立ち大人と子供が
一緒になって動物園で楽しむ姿が垣間見えます。

GW並みに混雑しますので、夏休みにお出かけで上野動物園へ行かれる方はご注意ください。

春休みシーズン(3月、4月)の混雑状況

春休みシーズン(3月、4月)の混雑状況についてです。

3月、4月の春休みシーズンの上野動物園は、
春休み終了の平日は若干混雑緩和が見られます。

しかし、春休み真っ盛りの平日も土日祝も
基本は混雑が見られますので、行く場合は、

終わり間際、平日の上野動物園がおすすめです。

クリスマスシーズン(11月、12月)の混雑状況

クリスマスシーズン(11月、12月)の混雑状況についてです。

11月、12月のクリスマスシーズンの上野動物園は、
園内がクリスマス仕様に変更され、クリスマス気分を味わうことができます。

そして、クリスマスになると上野動物園でも、
カップルの入場が見立ち混雑も見られます。

上野というディープなデートスポットとして
注目を集め、そこに点在する上野動物園へデートに。

クリスマスシーズンに入っても多くの入場者で混雑が起きています。

年末年始シーズン(12月、1月)の混雑状況

年末年始シーズン(12月、1月)の混雑状況についてです。

12月、1月の年末年始は上野動物園は、
閉園しており、カウントダウンなどは行われません。

そのため、年始営業開始と同時に冬の
元気な動物たちを見ることができますが、

そうそうに上野動物園で動物を見るべく多くの人出が発生し、
営業開始と同時に混雑が見られます。

イベント開催時の混雑状況

イベント開催時の混雑状況についてです。

上野動物園のイベントと言ったらジャイアントパンダの
「シャンシャン」が公開された時。

一般公開された時には非常に多くの人出が発生し、
上野動物園の入場門が見えないほどの人で混雑がひどいです!

そして、このパンダ混雑はいまだに続いており、
基本パンダ、シャンシャンを見るために県外からも多くの来場者が集まります。

上野動物園 ナイトズーの混み具合

上野動物園の各シーズンでの混雑状況が分かったところで、
上野動物園のナイトズーの混み具合について調べていきたいと思います。

上野動物園のナイトズー(真夏の夜の動物園)は、
8月の夏休み期間中に開催される特別な動物園企画。

夜行性の動物や夜の動物たちの生態が見れると話題になり、
多くの人出、混雑が連日発生します。

実際のナイトズーの混雑状況を調べてみると、

ナイトズーの最終日もひどい混雑が発生し、
連日混雑する盛況ぶりであることがうかがえます。

この上野動物園でしか見られない動物、
生態を見たい方は、なるべく平日に行かれることをおすすめします!



上野動物園 パンダの待ち時間

次に、上野動物園のパンダの待ち時間について調べていきたいと思います。

上野動物園と言ったらジャイアントパンダの「シャンシャン」

イベントの混雑でもご紹介しましたが、シャンシャンの一般公開となってから、
連日混雑の嵐で上野動物園の入場門から何メートルも後ろに人の行列が発生するほどの混雑します!

そんなパンダの待ち時間は現在どれ位なのか?
平日と土日祝でその違いを調べてみると、

平日の場合は、約50分~60分、
土日祝の場合は、約90分~120分と

いまだに1時間近い待ち時間が発生しています!

パンダの人気はいまだ衰えず。シャンシャンの愛くるしい姿を
一目見ようと県外からも多くの来場者が訪れるほどです。

そろそろと考える日はまだ先になりそうです。



上野動物園 所要時間

次に、上野動物園の所要時間について調べていきたいと思います。

上野動物園は「西園」と「東園」に分かれており、
両園を結ぶモノレールまで開設するほど巨大な動物園です。

そのため、すべての動物、施設、ドームを見て周ろうとすると、
所要時間はゆうに1時間は超えます。ゆっくり周って2時間から2時間半程度。

敷地面積も広いため、多くの動物たちに出会え、
混雑はあるものの非常に満足度の高い上野動物園です。

上野動物園 混雑ピークと混雑回避するならいつ?

上野動物園の混雑状況について調べてきました。
結論、上野動物園の混雑ピークはいつで、混雑回避するならいつがいいの?

混雑が気になる方の最も知りたい情報かと思います。
上野動物園の「混雑ピーク」と「混雑回避方法」をご紹介していきます。

混雑ピーク

まず、上野動物園の様々な混雑状況を調べた結果、
混雑ピークは以下の通りになります。

上野動物園の混雑ピーク

・パンダの一般公開後
・GWシーズン
・夏休みシーズン

とにかくパンダによる人出が発生し混雑、待ち時間がひどくなります。

それに加えて、GWや夏休みシーズンは長期休暇に入り、
学生や子供が休みに入るため、連日混雑が見られます。

普段の土日祝でも混雑が見られる上野動物園。
ほぼいつでも混雑が見られるため、心の準備は必要かもしれません。

混雑回避方法

そして、混雑を回避するならいつが最も良いのか?調べた結果、

上野動物園の混雑回避方法

・平日を狙って出かける!
・各シーズンの終了間際を狙って出かける!

基本いつでも混雑を見せる上野動物園。
しいて言うなら平日は空いている時が比較的多いです。

そして、各シーズンの終了間際も混雑が徐々に緩和され、
普段のシーズンに比べたら混雑は若干少なくなります。

まとめ

上野動物園の混雑状況やパンダの待ち時間、所要時間と入場者数情報についてまとめてきました。

パンダのシャンシャンの影響で、
一般公開後多くの入場者が訪れ混雑が見られます。

平日でもパンダを見るため1時間近い待ち時間が発生し、
パンダ人気、上野動物園人気は高いことが分かりました。

上野動物園の混雑ピークと
混雑を回避するタイミングや時間帯をご紹介していますので、

これから上野動物園へ行く予定の方は、
事前情報としてぜひ参考にお役立ていただけますと幸いです。

また、上野動物園の割引情報も知りたい方は以下ブログ記事をご覧ください。