直島の平日土日9月の混雑や芸術祭、駐車場、フェリーの混み具合と所要時間




「直島の混雑状況と芸術祭、駐車場、フェリーの混み具合を教えて欲しい!」

香川県香川郡に属する町で瀬戸内海上に浮かぶ島「直島」

アートの島として知られる直島は、高松港からフェリー、高速船で発着できる場所に所在する有名な観光名所。

そんな人気の直島へ遊びに行きたい方は
「どれくらい混雑するのか?」混雑状況は気になる情報かと思います。

このブログでは直島の混雑や渋滞状況が気になる方
直島の混雑状況から混雑ピークと混雑回避方法をご紹介していきます!

直島へ遊びに行かれる方は、事前情報として参考にお役立ていただけますと幸いです。



直島 混雑状況

まず初めに直島の混雑状況について調べていきます。

香川県香川郡にあるアートの島「直島」

瀬戸内国際芸術祭の開催やイベントも人気で県内外問わず非常に多くの観光客が訪れる有名な島。

そんな直島では
いつが混雑ピークで、混雑を回避するならいつ出かけるのがおすすめなのか。

直島へ行く予定の方は混雑状況と混雑回避は事前に知りたい情報かと思います。

直島の平日や土日祝の混雑の違いや、
混雑が見込まれる繁忙期シーズンではどれくらい混雑するのか?

実際に行ってみての感想と情報をもとに調べた結果の
直島の混雑ピークや混雑回避方法をご紹介していきます!

直島の混雑状況が気になる方は、ぜひ参考にしてみてください。



平日の混雑状況

まず、平日の混雑状況についてです。

平日の直島は、
平日にも拘らず特に観光客が多く混雑が見られます。

平日は海外からの外国人観光客の来場が目立ち
どこも国際色豊かな人出で賑わいを見せます。

しかし、連日混雑が見られるわけではなく
タイミングによっては貸し切り状態で周ることができる時もあります。



土日祝の混雑状況

次に、土日祝の混雑状況についてです。

土日祝の直島は、平日以上に混雑が見られます!

土日祝の週末休みを使って県外からの
観光客も増えて、重ねて土日祝でも外国人観光客が訪れるため混雑します。

また、土日祝ではイベントも開催され
このイベントを目当てに多くの来場者で混雑が見られます。

次から芸術祭やGW、夏休みなど各シーズンごとの混雑状況を調べてご紹介していきます!

瀬戸内国際芸術祭(春夏秋)の混雑状況

瀬戸内国際芸術祭(春夏秋)の混雑状況についてです。

3年に一度開催される「瀬戸内国際芸術祭」
開催は春夏秋の季節に行われ、この時期の直島は、

平日にも拘らず多くの観光客が瀬戸内国際芸術祭のアート作品を一目見ようと混雑します。

瀬戸内国際芸術祭は直島でも行われる代表的なイベント。
人出が多いため、飛行機やフェリーの予約も取りづらくなるため、

遊びに行く予定の方は、早い時期に計画を立てて
交通手段は前もって手配しておいた方が良いでしょう。



ゴールデンウイークシーズン(4月、5月)の混雑状況

ゴールデンウイークシーズン(4月、5月)の混雑状況についてです。

4月、5月のGWの直島は、
非常に多くの観光客で賑わい、アートの前で記念撮影を行う列で待ち時間が30分以上かかるほど混雑しています!

GW期間中は人気の瀬戸内国際芸術祭が
開催されている期間もあって県内外問わず多くのファンが訪れ混雑が見られます。

また、瀬戸内国際芸術祭が開催されない年であっても
GWは連休を使って、直島まで観光に訪れる観光客が多く混雑します。

夏休みシーズン(7月、8月、9月)の混雑状況

夏休みシーズン(7月、8月、9月)の混雑状況についてです。

7月、8月、9月の夏休みシーズンの直島は、
家族連れ、大学生の来場が目立ち連日混雑します!

夏休みの子供の長期休暇を利用して、
香川屈指の観光名所である直島へ旅行に訪れる方や

大学生同士の思い出作り、記念に
2ヵ月以上続く夏休みを使って訪れる観光客が多いです。

また、夏休みは観光にも最適な時期であるため
県内外問わず多くの旅行者で島は賑わいます。

春休みシーズン(3月、4月)の混雑状況

春休みシーズン(3月、4月)の混雑状況についてです。

3月、4月の春休みシーズンの直島は、
夏休み同様に長期休暇を利用して多くの大学生が観光に訪れます。

家族連れの来場も目立ちますが、春休みは
夏休みと違って長期休暇ではないため、普段と変わらない程よい混雑具合になります。

クリスマスイルミネーションシーズン(11月、12月)の混雑状況

クリスマスイルミネーションシーズン(11月、12月)の混雑状況についてです。

11月、12月のクリスマスイルミネーションシーズンの直島は、
特にクリスマスにイベントなどは見られず普段通りの程よい混み具合になります。

年末年始シーズン(12月、1月)の混雑状況

年末年始シーズン(12月、1月)の混雑状況についてです。

12月、1月の年末年始シーズンの直島は、
クリスマスシーズン同様に年末年始の大きなイベントはなく、普段通りの混み具合になります。

イベント開催時の混雑状況

イベント開催時の混雑状況についてです。

直島最大のイベントは「瀬戸内国際芸術祭」
この他、イベントも開催されますが、芸術祭が最も大きなイベントとなり

瀬戸内国際芸術祭期間中が特に観光客が多く混雑します。

直島 駐車場の渋滞、混み具合

直島まで車でアクセスする方も多いかと思いますが、
駐車場の駐車待ちの渋滞や混雑も気になる情報です。

次に直島の駐車場の渋滞、混み具合について調べていきたいと思います。

まず、直島まで車でアクセスした場合に
駐車できる駐車場が完備され、高松港や沙弥島など比較的大きな駐車場が準備されています。

そんな直島の駐車場の渋滞、混み具合を調べてみると

GWや瀬戸内国際芸術祭期間中の繁忙期では
駐車場に車が満車に近く停められていますが、ひどい混雑ほどではありません。

これは駐車場の数がある程度多いということと
観光客の多くは車ではなく、公共交通機関を利用してアクセスする方が多いためです。

ただ、地元の方、県内在住者は車が多いかと思いますので
スムーズに入場、駐車できるのが理想です。

しかし!運転手にここで朗報です。
駐車場の満車や渋滞を気にせず、駐車場を「予約」できる方法があります。

駐車場の心配をなくして直島を心から楽しみたい方は以下ご覧ください。

直島 フェリーの行列、待ち時間

直島までのアクセス方法は
フェリーや高速船などの船を使ってアクセスするのがほとんどです。

直島のフェリーの行列、待ち時間についても調べていきたいと思います。

直島のフェリーの行列、待ち時間を調べてみると

GWや瀬戸内国際芸術祭期間中の繁忙期では
乗船する観光客も多いため、フェリー乗り場では行列も見られますが、

フェリーは一度に400~500名乗船できますので、基本行列が発生しても全員乗ることができます。

待ち時間もフェリー到着までの待ち時間で
1度では乗船できないので次の船まで待たなければならない、ということもありません。

ただ、満船となる場合もありますので、時間には余裕を持ってフェリー乗り場までお越しください。



直島 混雑ピークと混雑回避方法

直島の混雑状況について調べてきました。
結論、直島の混雑ピークはいつで、混雑回避するならいつ出かけるのがおすすめなのでしょうか?

混雑が気になる方の最も知りたい情報かと思います。
直島の「混雑ピーク」と「混雑回避方法」をご紹介していきます。

混雑ピーク

まず、直島の様々な混雑状況を調べた結果、
混雑ピークは以下の通りになります。

直島の混雑ピーク

・GWシーズン
・瀬戸内国際芸術祭開催期間中

GWの連休を使って訪れる観光客が多く混雑します。

また、瀬戸内国際芸術祭は有名なアートイベントで
県内外問わず開催年は非常に多くの観光客が全国から集まり混雑します。

最近では外国人観光客も多く見かけることがあり平日でも混雑する時があります。

混雑回避方法

そして、混雑を回避するならいつが最も良いのか?調べた結果、

直島の混雑回避方法

・イベントのない時期
・年末年始シーズン

まず、瀬戸内国際芸術祭が開催される時期は連日混雑が見られます。

瀬戸内国際芸術祭が開催されない時期があり
この時は普段通りの平日、土日祝の混雑具合となり混雑回避にはおすすめです。

さらに、年末年始では大きなイベントが見られないことから混雑も見られません。

ただ、瀬戸内国際芸術祭開催期間中にも訪れたいが
混雑も避けたい!そんな方は「平日」に出かけることをおすすめします。

土日祝は週末休みの会社員や家族連れが多く混雑必須。
平日の方が緩やかな混雑となりますので、平日に旅行の計画を立てることをおすすめします。

直島 所要時間

直島の所要時間についても調べていきたいと思います。

直島はアートの島と呼ばれるだけあって
島各所には様々なアート作品が飾られ、それらすべてを見ようとすると1日かかります。

そのため、所要時間としては1日~2日の時間が欲しいところ。
じっくり直島を見て周りたい方は、旅行で宿泊前提で訪れるのが良いかと思います。



まとめ

直島の平日土日8月の混雑や芸術祭、駐車場、フェリーの混み具合と所要時間についてまとめてきました。

香川県香川郡に属する町で瀬戸内海上に浮かぶ島「直島」

GWや人気の「瀬戸内国際芸術祭」開催期間中は混雑必須!
フェリーも混雑しますので、時間には余裕を持って行動されることをおすすめします。

直島の混雑ピークと混雑を回避するタイミングや時間帯をご紹介していますので、

これから直島へ行く予定の方は、
混雑状況を参考に観光の計画にお役立ていただけますと幸いです。