横浜プールセンターの混雑(お盆&夏休み)や持ち込み可能な物と口コミ評判




「横浜プールセンターの混雑状況と持ち込み可能な物を教えて欲しい!」

神奈川県横浜市磯子区に所在するレジャープール施設「横浜プールセンター」

横浜プールセンターは、通称マンモスプールとも呼ばれ、流水大プールや小プールなど子供から大人まで楽しめる人気のプールになります。

そんな人気の横浜プールセンターへ遊びに行きたい方は
「どれくらい混雑するのか?」混雑状況は気になる情報かと思います。

このブログでは横浜プールセンターの混雑状況が気になる方
横浜プールセンターの混雑状況から混雑ピークと混雑回避方法に持ち込み可能な物をご紹介していきます!

横浜プールセンターの「良い」「悪い」口コミ評判もまとめていきますので、事前情報として参考にお役立ていただけますと幸いです。



横浜プールセンター 混雑状況

まず初めに横浜プールセンターの混雑状況について調べていきます。

横浜プールセンターは、通称マンモスプールとも呼ばれる人気のレジャープール施設。

そんな横浜プールセンターでは
いつが混雑ピークで、混雑を回避するならいつ出かけるのがおすすめなのか。

横浜プールセンターへ行く予定の方は混雑状況と混雑回避は事前に知りたい情報かと思います。

横浜プールセンターの夏休み期間中の混雑や
平日、土日祝の混雑の違い、お盆休みなどの繁忙期シーズンではどれくらい混雑するのか?

ここでは、実際に来場しての感想と情報を元に
調べた結果の横浜プールセンターの混雑ピークや混雑回避方法をご紹介していきます!

また、横浜プールセンターの割引クーポン情報も知りたい方は以下ブログ記事をご覧ください。

横浜プールセンターの混雑状況が気になる方は、ぜひ参考にしてみてください。



夏休みシーズン(7月、8月、9月)の混雑状況

まず夏休みシーズン(7月、8月、9月)の混雑状況についてです。

7月、8月、9月の夏休みシーズンの横浜プールセンターは、
営業開始と同時に多くの来場者でプールは賑わい混雑も見られます。

横浜市磯子区の中でも人気のプールレジャー施設で
特に子供を連れた家族の来場が目立ち連日混雑がおきます。

次から夏休みの平日と土日祝の混雑の違いについて調べていきます。



夏休み期間中の平日の混雑状況

夏休み期間中の平日の混雑状況についてです。

平日の横浜プールセンターは、
夏休みの中でも混雑が見られず、混雑回避におすすめです。

混雑しない理由には、横浜プールセンターの
来場者の多くが家族連れで、親の休みの関係で平日は混雑しないことが予想されます。

夏休み期間中の土日祝の混雑状況

夏休み期間中の土日祝の混雑状況についてです。

土日祝の横浜プールセンターは、
連日混雑が見られ、プールも大小ともに多くの人出で賑わいます。

土日祝であれば基本いつでも混雑しますが、
特に夏休み最終週の週末が混雑しています。

それは、夏休みの最後の駆け込み需要が考えられます。
土日祝で少しでも混雑を避けたい方は、最終週の週末は避けた方が吉です。

お盆休みシーズン(8月)の混雑状況

お盆休みシーズン(8月)の混雑状況についてです。

8月中旬にある「お盆休み」。横浜プールセンターのお盆休みの混雑は、
プールの営業期間中の中でも特に混雑するシーズンです。

それは、8月中旬のお盆休みが会社員にとっての夏休み。
長期休暇が取りやすい時期に当たりますので混雑必須です。

このお盆休みを使って、家族で横浜プールセンターに出かける人
友人同士、カップルでも訪れる人が重なって特に混雑します。



夏休み以外の混雑状況

夏休み以外の混雑状況についてです。

夏休み以外の時期は営業していませんが
代わりにアイドル、モデルの写真撮影会が行われます。

夏休み期間中のプール営業の時よりも
実は混雑しているのではないか?と思わせるほど

アイドル、モデルとカメラマンとの駆け引き、
カメラマン同士の場所取り合戦など一部の方々による混雑が起きています。

横浜プールセンター 混雑ピークと混雑回避方法

横浜プールセンターの混雑状況について調べてきました。
結論、横浜プールセンターの混雑ピークはいつで、混雑回避するならいつ出かけるのがおすすめなのでしょうか?

混雑が気になる方の最も知りたい情報かと思います。
横浜プールセンターの「混雑ピーク」と「混雑回避方法」をご紹介していきます。



混雑ピーク

まず、横浜プールセンターの様々な混雑状況を調べた結果、
混雑ピークは以下の通りになります。

横浜プールセンターの混雑ピーク

・お盆休みシーズン
・夏休みの中でも土日祝

特に混雑するのは8月中旬のお盆休み。
連休を使って家族サービスをする方、友人同士で訪れる方など多くの人出で混雑します。

夏休み期間中に混雑するのは土日祝。
土日祝の中でも夏休み最終週の週末で8月下旬も混雑が見られます。

混雑回避方法

そして、混雑を回避するならいつが最も良いのか?調べた結果、

横浜プールセンターの混雑回避方法

・平日に出かける
・7月中に出かける

まず、平日は大きな混雑は見られません。
混雑を避けたい方はなるべく平日に出かけることをおすすめします。

そして、8月に入ってから混雑も増していきますので、7月中に遊びに出かけるのが混雑回避におすすめです。

横浜プールセンター 持ち込み可能な物

横浜プールセンターの混雑状況が分かったところで、
次に横浜プールセンターで持ち込み可能な物についてご紹介していきます。

思いっきり横浜プールセンターを楽しみたい!
その前に、持ち込み可能な物を把握して、持ち物を準備したい方も多いかと思います。

まずは、横浜プールセンターのプール利用時の持ち込み禁止事項を確認しつつ
持ち込み可能な物、持ち込んでおいた方が便利な物をまとめていきます。

横浜プールセンターへ遊びに行く時に何を持ち込んだら良いか分からない方、
横浜プールセンターの持ち込み可能な物、持ち物の準備リストを事前に作りたい方は、参考にしてみてください。



持ち込み禁止、その他禁止事項

まず横浜プールセンターの持ち込み禁止、その他禁止事項は以下の通りです。

横浜プールセンターの持ち込み禁止、その他禁止事項

・入水時は水着着用必須
・サンオイル、化粧の使用禁止
・眼鏡使用禁止
・ガラス製品の持ち込み禁止
・危険物の持ち込み禁止

サンオイルや化粧をしたままの入水は水質の汚染の恐れがあることから禁止となっています。女性の方は必ず化粧は落として入るようにしてください。

また、他プールレジャー施設でもあるガラス製品や危険物の持ち込みは禁止です。

施設サービス

次に、すでに横浜プールセンターの施設サービスとして準備されている物をご紹介していきます。

横浜プールセンターの施設サービス

・更衣室
・ロッカー(800個以上完備)
・レストラン

更衣室とロッカーのみの付帯設備になりますので、女性の方はドライヤーや髪を乾かすものは持ち込んだ方が良いかと思います。

また、水着のレンタル、販売も行われておらず、忘れると入水できませんので持ち物リストにしっかり含めておきましょう。

持ち物、準備リスト

横浜プールセンターの持ち込み禁止と施設サービスを踏まえてプールの持ち物、準備リストをまとめていきます。

横浜プールセンタープールの持ち物、準備リスト

・水着
・ラッシュガード
・お金
・帽子
・フェイスタオル
・バスタオル
・バッグ
・浮き輪
・防水小物入れ
・ビニール袋
・ドライヤー

サンオイルは使用禁止ですので、持ち込みリストから外します。
ラッシュガードの使用、持ち込みは可能ですので、寒さや日焼け対策に準備しておくと便利かと思います。

また、タオルのレンタルもありませんので、忘れずに持ち込みましょう。

横浜プールセンター 口コミ評判

横浜プールセンターに混雑を回避できる日時に出かけたいけど
そもそも楽しい場所?出かけるだけの価値はある?事前に口コミ評判を見てみたい方も多いことと思います。

・【良い】口コミ評判
・【悪い】口コミ評判
・【どちらでもない】口コミ評判

ここでは実際に遊びに出かけて感じた上記の横浜プールセンターの口コミ評判を集めていきます。



【良い】口コミ評判

【悪い】口コミ評判

【どちらでもない】口コミ評判

まとめ

横浜プールセンターの混雑(お盆&夏休み)や持ち込み可能な物と口コミ評判についてまとめてきました。

神奈川県横浜市磯子区に所在するレジャープール施設「横浜プールセンター」

横浜プールセンターは、お盆休みと夏休みの8月下旬が特に混雑する人気のプールレジャー施設になります。

横浜プールセンターの混雑回避と持ち込み可能な物についてご紹介していますので、

これから横浜プールセンターへ行く予定の方は、混雑状況を参考に観光の計画にお役立ていただけますと幸いです。

また、横浜プールセンターの割引クーポン情報も知りたい方は以下ブログ記事をご覧ください。

関連記事

横浜プールセンターと同じ神奈川のテーマパークで混雑情報を知りたい方は、以下ブログ記事も参考にしてください。