太宰府天満宮の混雑、渋滞状況や御朱印の行列、待ち時間と駐車場の混み具合




「太宰府天満宮の混雑状況や御朱印の行列、待ち時間と駐車場の混み具合を教えて欲しい!」

福岡県太宰府市宰府にある神社「太宰府天満宮」

“学問の神”菅原道真を祭神として祀られて九州のみならず全国から参拝に訪れるほど有名な神社。

そんな人気の太宰府天満宮へ遊びに行きたい方は
「どれくらい混雑するのか?」混雑状況は気になる情報かと思います。

このブログでは太宰府天満宮の混雑や渋滞状況が気になる方
太宰府天満宮の混雑状況から混雑ピークと混雑回避方法をご紹介していきます!

太宰府天満宮へ遊びに行かれる方は、事前情報として参考にお役立ていただけますと幸いです。



太宰府天満宮 混雑状況

まず初めに太宰府天満宮の混雑状況について調べていきます。

福岡県太宰府市宰府にある神社「太宰府天満宮」

九州だけでなく、全国から参拝、御朱印を求めて訪れる参拝客も多い有名な神社。

そんな太宰府天満宮では
いつが混雑ピークで、混雑を回避するならいつ出かけるのがおすすめなのか。

太宰府天満宮へ行く予定の方は混雑状況と混雑回避は事前に知りたい情報かと思います。

太宰府天満宮の平日や土日祝の混雑の違いや、
混雑が見込まれる繁忙期シーズンではどれくらい混雑するのか?

実際に行ってみての感想と情報をもとに調べた結果の
太宰府天満宮の混雑ピークや混雑回避方法をご紹介していきます!

太宰府天満宮の混雑状況が気になる方は、ぜひ参考にしてみてください。



平日の混雑状況

まず、平日の混雑状況についてです。

平日の太宰府天満宮は、
大きな混雑は見られず、ゆっくり境内を見て周ることができます。

本殿のお賽銭時にも並ぶことなく、好きなタイミングで参拝、お参りすることができます。



土日祝の混雑状況

次に、土日祝の混雑状況についてです。

土日祝の太宰府天満宮は、
県外から訪れる参拝客も増えて平日以上に混雑します。

太宰府天満宮は“学問の神”菅原道真が祀られる神社。

そのため、土日祝の休みを使って福岡まで観光に訪れ、
全国から受験生、人生の大事な局面に置かれた参拝客が訪れ祈願にのぞみます。

次からGWや夏休み、クリスマスなど各シーズンごとの混雑状況を調べてご紹介していきます!

ゴールデンウイークシーズン(4月、5月)の混雑状況

ゴールデンウイークシーズン(4月、5月)の混雑状況についてです。

4月、5月のGWの太宰府天満宮は、
非常に多くの観光客、参拝客で賑わい混雑します!

太宰府天満宮の祈願、参拝を目当てに訪れる方だけでなく
GW期間中では福岡屈指のお祭り「博多どんたく」が開催され、

お祭りに参加する観光客もその足で
観光名所としても有名な太宰府天満宮へ訪れ混雑が見られます。

夏休みシーズン(7月、8月)の混雑状況

夏休みシーズン(7月、8月)の混雑状況についてです。

7月、8月の夏休みシーズンの太宰府天満宮は、
子供の受験年にあたる親が学業成就のために参拝に訪れ混雑が見られます。

そのため、夏休みは比較的家族連れでの参拝が多く見受けられます。



春休みシーズン(3月、4月)の混雑状況

春休みシーズン(3月、4月)の混雑状況についてです。

3月、4月の春休みシーズンの太宰府天満宮は、
大きなイベントもなく、受験もひと段落しているため

普段の平日、土日祝と変わらない混雑になります。
一般参拝に参列したい方は、この春休みシーズンに訪れるのが混雑回避でおすすめです。

クリスマスシーズン(11月、12月)の混雑状況

クリスマスシーズン(11月、12月)の混雑状況についてです。

11月、12月のクリスマスシーズンの太宰府天満宮は、
デートスポットではないため、大きな混雑は見られません。

クリスマスイベントも特には開かれず
普段の平日、土日祝と変わらない混み具合となります。

年末年始シーズン(12月、1月)の混雑状況

年末年始シーズン(12月、1月)の混雑状況についてです。

12月、1月の年末年始シーズンの太宰府天満宮は、
1年で最も混雑が発生します!それは元旦から三が日にかけての「初詣」

初詣の参拝を目当てに九州だけでなく、
全国から参拝客が訪れて、本殿の参道に行列を作って参拝します。

太宰府天満宮の場合、一般の参拝客に加えて
最後の追い込みに打ち込む受験生、就職活動中の学生などが全国から集まります。

そのため、一般的な神社仏閣よりも
初詣、三が日の参拝時には非常に多くの観光客が集まり混雑します。

イベント開催時の混雑状況

イベント開催時の混雑状況についてです。

太宰府天満宮は“梅”の開花、花見が有名なスポット。
梅鑑賞のイベントやその他学生向けのイベントなど定期的に年間行事として行われるイベントも多いです。

それらイベント開催時にも多くの観光客、
参拝客が訪れて混雑が発生しやすくなります。

そのため、平日開催のイベントがある場合は
普段混雑が見られない平日でも混雑するケースがあります。

太宰府天満宮 道路の渋滞状況

太宰府天満宮の各シーズンごとの混雑状況が分かったところで、
次に太宰府天満宮の道路の渋滞状況について調べていきたいと思います。

太宰府天満宮の道路の渋滞状況を調べてみると

まず、GWや初詣がある年末年始など混雑必須の時期は渋滞もひどい状況になります。

福岡が地元の方、九州在住の方は基本車を持っています。
観光名所、どこへ行くにも車を利用するため、太宰府天満宮までも車でアクセスする方が多いです。

境内が混雑するということは、その分車も増えて
交通量は混雑し、車の渋滞が発生しやすくなります。

その典型はGWや初詣などの年末年始シーズンが特に顕著に渋滞します。

この混雑時期に車でアクセス予定の方は、
道路の渋滞にもお気を付けください。なるべく早い時間帯に到着できるように出かけることをおすすめします。

道路の渋滞の次に気になるのが「駐車場」
駐車場の空き状況、待ち時間はどれくらいになるのでしょうか?



太宰府天満宮 駐車場の渋滞、混み具合

太宰府天満宮まで車でアクセスする方も多いかと思いますが、
駐車場の駐車待ちの渋滞や混雑も気になる情報です。

次に太宰府天満宮の駐車場の渋滞、混み具合について調べていきたいと思います。

まず、太宰府天満宮まで車でアクセスした場合に
駐車できる駐車場が完備され、収容台数は合計約1,500台もの大規模駐車場が準備されています。

そんな太宰府天満宮の駐車場の渋滞、混み具合を調べてみると

道路が渋滞する混雑シーズンは駐車場も早々に満車となります。

駐車場の収容台数全てが埋まるほどの台数が停めに訪れます。
ただ、時間帯によってまだ空きがあるタイミングがあります。

それは、午前中の開門前の時間帯は駐車場に比較的余裕があります。

そして、昼前後が最も混雑ピークの時間帯であるため、この時間帯は避けることをおすすめします。

しかし!運転手にここで朗報です。
駐車場の満車や渋滞を気にせず、駐車場を「予約」できる方法があります。

駐車場の心配をなくして太宰府天満宮を心から楽しみたい方は以下ご覧ください。

太宰府天満宮 御朱印の行列、待ち時間

太宰府天満宮に訪れる理由の一つに「御朱印」があると思います。
それでは太宰府天満宮の御朱印の行列、待ち時間がどれくらいになるのかも調べてみます。

太宰府天満宮の御朱印がこちらになります。

時期によっても御朱印は変わりますが、
これらの太宰府天満宮の御朱印を求めて全国からも多くの参拝客、観光客が訪れます。

この太宰府天満宮の御朱印の行列、待ち時間を調べてみると

非常に長い列を作って、参道が人で見えないほど行列が発生します。

御朱印を得られるまで待ち時間にして、約1時間前後はかかる情報が多く見受けられます。

ここでしか得られない太宰府天満宮の御朱印。
御朱印を集めている方は、御朱印帳を持って、行列は待ち時間を事前情報として参考にして下さい。



太宰府天満宮 混雑ピークと混雑回避方法

太宰府天満宮の混雑状況について調べてきました。
結論、太宰府天満宮の混雑ピークはいつで、混雑回避するならいつ出かけるのがおすすめなのでしょうか?

混雑が気になる方の最も知りたい情報かと思います。
太宰府天満宮の「混雑ピーク」と「混雑回避方法」をご紹介していきます。

混雑ピーク

まず、太宰府天満宮の様々な混雑状況を調べた結果、
混雑ピークは以下の通りになります。

太宰府天満宮の混雑ピーク

・GWシーズン
・年末年始の初詣シーズン
・梅鑑賞できるイベント時

GWなどの長期休暇を取りやすい時期に観光で太宰府天満宮まで訪れる観光客が増えて混雑します。

1年で最も混雑するのは年末年始の初詣シーズン。
初詣に参拝に訪れる参拝客もいれば、受験を控える受験生も全国から集まり混雑します。

そして、梅の鑑賞やイベントの開催によっても
多くの観光客が訪れて混雑が発生しやすくなります。

混雑回避方法

そして、混雑を回避するならいつが最も良いのか?調べた結果、

太宰府天満宮の混雑回避方法

・普段の土日祝に出かける
・イベントが開催されない時期に出かける
・受験シーズン後に出かける

普段の土日祝であれば大きな混雑は見られません。

さらに、イベントが開催されることで普段以上に混雑が見られるため、
事前に太宰府天満宮の公式サイトを確認した上で、イベント開催有無情報を把握して出かけるのも混雑回避につながります。

そして、受験シーズンが特に混雑が見られます。
初詣も年末年始も受験が絡んだ混雑となりますので、この受験シーズンを避けて参拝に訪れることで混雑回避となります。

まとめ

太宰府天満宮の混雑、渋滞状況や御朱印の行列、待ち時間と駐車場の混み具合についてまとめてきました。

“学問の神”菅原道真を祭神として祀られる全国的にも有名な神社「太宰府天満宮」

御朱印を求める行列もひどく、待ち時間にして約1時間はかかる情報が多く見受けられます。

また、混雑時には渋滞も発生し、駐車場も早々に満車となりますのでご注意ください。

太宰府天満宮の混雑ピークと混雑を回避するタイミングや時間帯をご紹介していますので、

これから太宰府天満宮へ行く予定の方は、
混雑状況を参考に観光の計画にお役立ていただけますと幸いです。