富士急ハイランドの混雑予想やアトラクション、乗り物、ジェットコースターの待ち時間




知りたがりネコ知りたがりネコ

「富士急ハイランドの混雑予想やアトラクションの待ち時間を教えて欲しい!」

山梨県富士にある富士急行系列のテーマパーク「富士急ハイランド」

数々の「世界一」を打ち立ててきた大人気アトラクション!
アトラクションだけでなくイベントも充実した幅広い層に人気の富士急ハイランド。

そんな人気の富士急ハイランドへ行きたい方は、
「どれくらい混雑するのか?」混雑予想は気になる情報かと思います。

このブログでは富士急ハイランドの混雑予想や待ち時間が気になる方
富士急ハイランドの混雑予想から混雑ピークと混雑回避方法をご紹介していきます!

ayano@ブログ管理人ayano@ブログ管理人

「富士急ハイランドへ遊びに行かれる方は、事前情報として参考にお役立ていただけますと幸いです。」



富士急ハイランド 混雑予想

まず初めに富士急ハイランドの混雑予想について調べていきます。

アトラクションでギネスも記録される世界一の富士急ハイランド。
ジェットコースターの回転数がギネス記録や直径のループが世界最大級の大きさなど、

度肝を抜く数々のアトラクションが完備された大人気のテーマパークが富士急ハイランド。

そんな富士急ハイランドはいつが混雑ピークで、混雑を回避するならいつがおすすめなのか。
富士急ハイランドへ行く予定の方は事前に知りたい混雑情報かと思います。

富士急ハイランドの平日や土日祝の混雑の違いや、
混雑が見込まれるシーズンではどれくらい混雑するのか?

実際に行ってみての感想と情報をもとに調べた結果の
富士急ハイランドの混雑ピークや混雑回避方法をご紹介していきます!

また、富士急ハイランドの割引クーポン情報も知りたい方は以下ブログ記事をご覧ください。

富士急ハイランドの混雑予想が気になる方は、ぜひ参考にしてみてください。



来場者数、入場者数情報

初めに来場者数、入場者数情報についてです。

テーマパークの来場者数、入場者数を調べることで、
混雑、待ち時間をはかる上で重要な指標としても用いられます。

富士急ハイランドの来場者数を調べてみると、
年間入場者数は約230万人という情報が示されています。

県外からも多くの観光客、来場者が訪れ楽しめるテーマパークであるため、
人気の遊園地であることが数字からもうかがえます。

それでは実際の混雑状況から混雑予想をしていきたいと思います!



平日の混雑予想

まず、平日の混雑予想についてです。

平日の富士急ハイランドは、
イベントやシーズンではなければほとんど混雑は見られず園内も貸し切り状態に。

人気のアトラクション、ジェットコースターでも待ち時間はゼロに近い乗り物も多く、
何度も乗って乗り放題状態で楽しむことができます。;

普段の平日であれば園内、アトラクションともに人混みは見られませんが、
富士急ハイランドの各種企画されるイベント時には混雑が見られるためご注意ください。



土日祝の混雑予想

次に、土日祝の混雑予想についてです。

土日祝の富士急ハイランドは、
週末のみ休みの会社員や大学生の来場が増え混雑が予想されます。

特に土曜日と三連休の日曜日は混雑が見られます。
また、土日祝にイベントが多く開催されるためイベント目当ての来場も目立ち混雑が予想されます。

純粋に富士急ハイランドのアトラクション、乗り物だけを楽しみたい方は、
イベントのない普段の土日祝を狙うか、日曜日の遅い時間帯に行くかが混雑回避かと思います。

ゴールデンウイークシーズン(4月、5月)の混雑予想

ゴールデンウイークシーズン(4月、5月)の混雑予想についてです。

4月、5月のGWの富士急ハイランドは、
県外からの来場者も増えて非常に園内は人混みで混雑します!

例年、パワーアップするアトラクションに
イベントもGW期間中はコラボ企画が催されるなど混雑が見られます。

例年通り今年も混雑が予想されるため、
混雑が苦手な方はGWは避けて平日に行かれるのが良いでしょう。

もしくは朝早くよりも夕方遅い時間帯の方が混雑回避に役立つかと思います。

夏休みシーズン(7月、8月、9月)の混雑予想

夏休みシーズン(7月、8月、9月)の混雑予想についてです。

7月、8月、9月の夏休みシーズンの富士急ハイランドは、
劇混みシーズンに指定され非常に多くの来場者で人混みが発生します。

家族連れだけでなく、夏休みの大学生や週末には会社員と
幅広い層が来場しやすい夏休みシーズンは混雑が連日予想されます。

アトラクションの待ち時間も尋常ではない時間となり、
遅い時間帯に入場してしまうとアトラクションも一つしか乗れない…なんてことも起こりえます。

少しでも夏休みに富士急ハイランドで混雑なく楽しみたい方は、
平日を狙って行かれるのがおすすめの混雑回避です。



春休みシーズン(3月、4月)の混雑予想

春休みシーズン(3月、4月)の混雑予想についてです。

3月、4月の春休みシーズンの富士急ハイランドは、
夏休み同様に子供の長期休暇に入るため混雑が予想されます。

特に春休み最終日に近づくにつれて混雑は見られます。
最後の駆け込みで満喫すべく人気のテーマパーク富士急ハイランドへ遊びに行かれる方が多いようです。

夏休み同様に混雑回避は土日祝は異常な劇混みになりますので、
平日を狙って行かれるのが少しでも混雑回避につながるかと思います。

クリスマスイルミネーションシーズン(11月、12月)の混雑予想

クリスマスイルミネーションシーズン(11月、12月)の混雑予想についてです。

11月、12月のクリスマスイルミネーションシーズンの富士急ハイランドは、
平日の場合、大きな混雑は見られず楽しむことができます。

クリスマスシーズンはカップルの大切な時期。
カップルにとって行きたいスポット、イルミネーションなどが見れる場所が好まれます。

一方で富士急ハイランドは基本絶叫系のアトラクションが多く、
カップルにはクリスマスシーズンにはミスマッチ、そのため大きな混雑は起きないことが予想されます。

年末年始(カウントダウン、12月、1月)シーズンの混雑予想

年末年始シーズン(カウントダウン、12月、1月)の混雑予想についてです。

12月、1月の年末年始シーズンの富士急ハイランドは、
年末年始も休まず営業し、年末年始にはカウントダウンも行われます!

そのため、例年富士急ハイランドで新年を越そうと多くの来場者が訪れ混雑が見られます。
富士急ハイランドファンが新年も富士急ハイランドで年を越そうと来場するため今年も混雑が予想されます。

ただ、年末年始、カウントダウン時のアトラクションは
一部のみ楽しむことができますので、カウントダウン目当てになります。

イベント開催時の混雑予想

イベント開催時の混雑予想についてです。

富士急ハイランドではこれまでに大人気アニメ「ラブライブ」や
「ハム太郎」「バンドリ」といった人気アニメ、漫画とコラボしたイベントが開催されています。

イベント開催時には非常に多くの来場者が訪れ混雑が予想されます。
これは、普段絶叫系の乗り物を乗る人以外のアニメファンが富士急ハイランドへ来場し混雑が見られます。

普段の平日でもイベントがある時は混雑が見られるため、
純粋に富士急ハイランドの乗り物が目当ての方は事前にイベントの有無を確認した方が混雑回避につながります。

コインロッカーの混雑予想

コインロッカーの混雑予想についてです。

コインロッカーは富士急ハイランドの園内にも完備されており、
どこも埋まっていて利用できない!というほど混雑は見られません。

GWや夏休みなどの混雑必須のシーズンでも空いていますが、
探すのに少し時間がかかるかもしれません。

車で富士急ハイランドへ行かれる方は車の中に荷物を置いて楽しむと良いでしょう。

駐車場の渋滞、混み具合

富士急ハイランドまで車でアクセスしたい方も多いかと思いますが、
駐車場の渋滞や混雑状況も事前に知りたい情報です。

次に駐車場の渋滞、混み具合について見ていきます。

まず、富士急ハイランドまで車でアクセスした場合に
駐車できる駐車場が完備され、収容台数は約5,000台もの大規模駐車場が準備されています。

そんな富士急ハイランドの駐車場の渋滞、混み具合を調べてみると

GWや夏休み、クリスマスなど繁忙期に
駐車場も混雑し遠く離れた駐車場しか空いていない、という状況がよく起きます。

また、駐車待ちで渋滞も目立ちますので、
繁忙期に車でアクセス予定の方は注意が必要です。

しかし、事前に駐車場が予約できれば、どれだけスムーズか・・・と考えたことはありませんか?

実は!運転手にここで朗報です。
駐車場の満車や渋滞を気にせず、駐車場を「予約」できる方法があります。

駐車場の心配をなくして富士急ハイランドを心から楽しみたい方は以下ご覧ください。

富士急ハイランド アトラクションの待ち時間

富士急ハイランドの混雑予想が分かったところで、
次に富士急ハイランドのアトラクションの待ち時間について調べていきたいと思います。

富士急ハイランドには絶叫系からティーカップなどの優しい乗り物、
ミュージアムなどの見て体験して楽しむアトラクションまで様々な乗り物が完備されています。

その中でも特に人気なのが「絶叫系」
この絶叫系には「乗る」絶叫系と「見る」絶叫系の2種類があり、

乗る絶叫系はジェットコースター。フジヤマなど。
見る絶叫系はお化け屋敷。戦慄迷宮など。

これらに乗らないと、見ないと富士急ハイランドへ来た意味がない!というほど、
超定番かつ大人気のアトラクションです。

ここでは、これら人気の富士急ハイランドのアトラクションの待ち時間について調べていきたいと思います!



フジヤマの待ち時間

まずフジヤマの待ち時間についてです。

富士急ハイランドといえば「フジヤマ(FUJIYAMA)」!
最高速度は130km/h、コース全長2045mと世界最高クラス!

所要時間も3分以上の絶叫が続きます…
そんなフジヤマの待ち時間を調べてみると、

なんと180分以上!3時間の待ち時間が発生しています。
タイミングが悪ければ待ち時間は200分をこえる時もありその人気が待ち時間からも分かります。

ただ、平日だと待ち時間は少し短くなりますので、
何度もフジヤマを乗りたい方は休んでも平日に行かれるのが良いかと思います。

戦慄迷宮(お化け屋敷)の待ち時間

戦慄迷宮(お化け屋敷)の待ち時間についてです。

史上最長!ホラーハウスが富士急ハイランドに存在します!
建物2階建ての収容病棟、戦慄迷宮の待ち時間を調べてみると、

待ち時間も非常に長くなる人気のお化け屋敷ですが、
待ち時間以上に長くなってしまうのが「所要時間」

なんと約50分もの間戦慄迷宮の中でさまようことになります…

早く出たいのに出口まで距離が非常に長い。
でも最恐が待ち構え、この恐怖に打ち勝つことができるのか。

お化け屋敷が大好きな方にはとてもおすすめのアトラクションです。

ドドンパの待ち時間

ドドンパの待ち時間についてです。

発射1.56秒で時速180kmは世界一!
そして、世界最大級のループ直径39.7mを誇るワールドクラスのアトラクション!

そんなドドンパの待ち時間を調べてみると、

待ち時間は180分以上まで伸びています。
人気の乗り物であることが時間の長さからもうかがえます。

ドドンパやフジヤマなど大人気絶叫系アトラクションは待ち時間も伸びる傾向にあります。
そのため、入場時間には気をつけて並ぶ時間も事前に決めた方が良いでしょう。

並んでいたらいつの間にか営業時間終了になり
他アトラクションを体験することができなかった、という悲しい声がいくつも聞きますので。

トンデミーナの待ち時間

トンデミーナの待ち時間についてです。

円盤状の座席に座りスイング角度は120度までふられる驚異のアトラクション!
さらに座席の円盤は回転も加わりアームが徐々に揺れ始める仕様が。

恐怖以外の何物でもないトンデミーナの待ち時間を調べてみると、
フジヤマやドドンパよりは待ち時間は伸びてはいないようです。

ただ、混雑シーズン時は60分などの待ち時間もあり得ますので、
周る順番、乗る順番は事前に決めた上で計画的に周られた方が富士急ハイランドの攻略の秘訣です。

高飛車の待ち時間

高飛車の待ち時間についてです。

最大落下角度がなんと121度!走るだけでなく、
ひねり回転、急上昇、落下姿勢での一時停止など様々なパフォーマンスも見せてくれる高飛車。

そんな高飛車の待ち時間を調べてみると、

平日ですら120分という待ち時間が発生する時もあります。
非常に人気のアトラクションであることが時間の長さからもうかがえます。

そして、高飛車に並んで人気のアトラクション「ええじゃないか」も同じく、
120分と2時間以上の待ち時間が発生しています。

乗り物の待ち時間

乗り物の待ち時間についてです。

絶叫系ジェットコースターや絶叫系お化け屋敷以外の
富士急ハイランドの乗り物の待ち時間を調べてみると、

平日など混雑が少ない時は待ち時間もほぼゼロで楽しめるアトラクションが多いようです。

しかし、先ほどもご紹介した人気のアトラクションは
平日でも中には待ち時間が長い乗り物もありますのでご注意ください。

富士急ハイランド 混雑ピークと混雑回避するならいつ?

富士急ハイランドの混雑予想について調べてきました。
結論、富士急ハイランドの混雑ピークはいつで、混雑回避するならいつがいいのでしょうか?

混雑が気になる方の最も知りたい情報かと思いますので、
富士急ハイランドの「混雑ピーク」と「混雑回避方法」を次にご紹介していきます。



混雑ピーク

まず、富士急ハイランドの様々な混雑予想を調べた結果、
混雑ピークは以下の通りになります。

富士急ハイランドの混雑ピーク

・夏休みシーズン
・GWシーズン

特に混雑が見られるのはGWと夏休みシーズン。
どちらも長期休暇で休みが取りやすく県外組も富士急ハイランドへ遊びに行きやすいのが混雑発生の理由です。

混雑ピークは朝から始まり昼過ぎ、夕方まで続きますので、
混雑ピークに富士急ハイランドで楽しみたい方は混雑は覚悟した方が良いかと思います。

混雑回避方法

そして、混雑を回避するならいつが最も良いのか?調べた結果、

富士急ハイランドの混雑回避方法

・平日を狙って出かける!

普段の土日祝から混雑が見られるため、
混雑を避けるなら平日が最もおすすめの時期です。

しかし、イベントが開催される平日は混雑が見られるため、
イベントのない日を調べていかれるのが混雑回避につながります。

富士急ハイランド 口コミ評判

富士急ハイランドに混雑を回避できる日時に出かけたいけど
そもそも楽しい場所?出かけるだけの価値はある?事前に口コミ評判は仕入れたい方も多いことと思います。

ここでは実際に遊びに出かけて感じた、

・【良い】口コミ評判
・【悪い】口コミ評判
・【どちらでもない】口コミ評判

上記の富士急ハイランドの口コミ評判を集めていきます。

【良い】口コミ評判

【悪い】口コミ評判

【どちらでもない】口コミ評判

まとめ

富士急ハイランドの混雑予想やアトラクション、乗り物、ジェットコースターの待ち時間についてまとめてきました。

絶叫系のジェットコースターやお化け屋敷が病みつきになる大人気テーマパーク「富士急ハイランド」

県外からも多くの来場者が訪れ非日常的な楽しみに喜び、
中には混雑していても満足して帰られる方が多いほど満足度の高いテーマパークです。

そんな富士急ハイランドの混雑ピークと混雑を回避するタイミングや時間帯をご紹介していますので、

これから富士急ハイランドへ行く予定の方は、
事前情報としてぜひ参考にお役立ていただけますと幸いです。

また、富士急ハイランドの割引クーポン情報も知りたい方は以下ブログ記事をご覧ください。